株式会社バサー - 高品質のアプリケーション・ソフトウエアの開発を行っております

サイトマップ

コンプライアンス憲章の制定

バサーは、社会的責任を果たすために最も根幹となるコンプライアンスを全従業員に徹底し実践していくために、「コンプライアンス憲章」を制定いたしました。

 

コンプライアンス憲章

 

当社は、企業理念に基づき、当社の役員及び従業員が、IT企業としての責任と誇りを自覚し、常に正しい秩序の下に、高品質のソフトウエア開発を提供し、社会に貢献するため、本憲章を制定します。


1.法令遵守の意義
 当社の役員及び従業員は、個人情報保護法、商法を始めとする当社の事業に関連する一切の法令を遵守することが不可欠であること、及び、法令遵守が当社の企業価値を維持・向上させ、ひいては当社の役員及び従業員の利益となることについて、改めて認識します。

2.役員の責務
 当社の役員は、法令遵守による当社の企業価値の維持・向上が役員としての責務であるとの理解に基づき、率先して法令遵守を実践し、管理する従業員をして法令遵守を徹底させるとともに、個々の従業員に法令遵守の重要性の意識を浸透させるため、従業員に対する法令遵守に関する教育・啓蒙活動を継続的に行ないます。

3.従業員の責務
 当社の従業員は、法令遵守が高品質なソフトウエア開発の担い手としての自らの責務であるとの理解に基づき、安易に前例・慣習に従うことなく、自ら主体的に法令遵守に取り組むとともに、自らの業務において法令遵守に関して疑義が生じた場合には、役員又は責任を有する従業員に相談し、他の業務において法令に違反する事実を知った場合には、役員又は責任を有する従業員に報告します。


制定:平成18年12月1日
株式会社バサー

反社会的勢力への対応に関する基本方針

バサーは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力による不当要求等に対して毅然とした態度を堅持することによりこれを拒絶するとともに、反社会的勢力との関係を遮断することに努め、公共の信頼を維持し健全な企業経営を実現するため、「反社会的勢力への対応に関する基本方針」を定めています。

 

反社会的勢力への対応に関する基本方針


当社は、反社会的勢力に対して、次に掲げる取組基本方針に基づき対応します。

1.組織としての対応
 反社会的勢力への対応については、担当者や担当部署だけに任せずに、経営陣以下組織として対応するとともに、役職員等の安全を確保します。

2.反社会的勢力との関係遮断
 反社会的勢力の不当要求に対し毅然と対応し、これを拒絶します。また、反社会的勢力との関係を遮断する取組を行います。

3.裏取引や資金提供の禁止
 反社会的勢力に対して不祥事件等を隠蔽するような裏取引は絶対に行いません。また、いかなる理由があっても、反社会的勢力に対する資金提供は行いません。

4.外部専門機関との連携
 反社会的勢力を排除するために、平素から、警察、弁護士、暴力追放運動推進センター等の外部専門機関と綿密に連携します。

5.有事における民事と刑事の法的対応
 反社会的勢力による不当要求がなされた場合等には、積極的に外部専門機関に相談し、あらゆる民事上の法的対抗手段を講ずるとともに、刑事事件化を躊躇しません。


制定:平成22年1月10日
株式会社バサー
管理部 総務課

個人情報の保護 

バサーのサービスご利用者の皆様及び、パートナーの皆様が安心して頂けるよう、バサーでは個人情報の保護に対し厳重かつ適切な管理体制を敷くべき責を負うものと認識しております。 同時に、バサーの従業員(パートナー含む)のすべてが、この「個人情報保護方針」について適切な知識と理解を持つことが、何より大切であると考えています。

 

プライバシーポリシー


当社の個人情報保護についての考え方は次の通りです。

 

  • 当社では個人及び団体や法人の情報については、最先端の機能やサービスを開発・提供するためにのみ利用し、個人情報の保護に細心の注意を払うものとします。

  • このプライバシーポリシーの適用範囲は、当社が取り扱う全て個人情報を示します。(範囲は下記、第1項に規定)

  • 本規約に明記された場合を除き、目的以外の利用は致しません。(目的は下記、第2項に規定)

  • 本規約に明記された場合を除き、第三者への開示は致しません。(管理は下記、第2項に規定)

  • その他本規約に規定された方法での適切な管理を定期的に行います。

  • 当社は、お客様の許可なくして、プライバシーポリシーの変更をすることができます。

  • 当社が、個人情報取得内容の変更・利用方法の変更・開示内容の変更等をした際には、利用者がその内容を知ることができるよう、当社ホームページのお知らせに公開し、このプライバシーポリシーに反映することにより通知致します。

  • 当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談を受けた場合は、その内容について迅速に事実関係等を調査し、合理的な期間内に誠意をもって対応いたします。

  • 当社は、取得した個人情報を適切に管理するため、組織的・人的・物理的・技術的な安全対策措置を講じ、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に取り組みます。

  • 当社は、社会情勢・環境の変化を踏まえて、継続的に個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムを見直し、個人情報保護への取り組みを改善していきます。


1.当社のプライバシーポリシーについての考え方が適用される範囲

  • プライバシーポリシーについての考え方は、当社のサービス及び、開発にかかわる一切の個人情報に適用されます。

  • サービスを利用される際に収集される個人情報は、当社の個人情報保護についての考え方に従って管理されます。

  • 個人情報保護考え方は、 当社が直接提供するサービス及び、開発にかかわる一切の個人情報のみであり、ホームページ内のリンク等でつながった他の組織・会社等のサービスは適用範囲外となります。

  • 当社サービスのご利用は、利用者の責任において行われるものとします。

  • ホームページ及び当ホームページにリンクが設定されている他のホームページから取得された各種情報の利用によって生じたあらゆる損害に関して、当社は一切の責任を負いません。


2.当社の個人情報の収集と利用

  • 当社ではお客様に最先端の機能やサービスを開発・提供するために、幾つかの個人情報が必要となります。

  • パッケージソフトウエアのID・パスワードは利用者ご自身の責任において管理をお願い致します。
    - パスワードは定期的に変更し、他人が類推しやすいような名前や生年月日、電話番号など は避けることをお勧め致します。
    - また、知人・友人・同僚などであっても開示・貸与・譲渡しないで下さい。
    - お問合せのメールや当社のホームページ上の Q&Aにはパスワードを書き込まないようお願い致します。

  • お客様がご購入された、パッケージソフトウエアにおいて収集された個人情報は、当社のサービスを提供するために必要な限度においてのみ利用し、次の場合を除き、いかなる第三者にも提供致しません。
    - 個人の同意がある場合
    - 個人から個人情報の利用に関する同意を求めるための電子メールを送付する場合
    - あらかじめ当社と機密保持契約を締結している企業(例えば、業務委託先)等に必要な限度において開示する場合
    - 個人に対し、当社、または、当社の業務提携先等の広告宣伝のための電子メール、ダイレクトメールを送付する場合
    - 当社における個人の行為が、当社利用規約や方針・告知、当社の十戒等に違反している場合に、他の個人、第三者または当社の権利、財産を保護するために必要と認められる場合
    - 裁判所、行政機関の命令等、その他法律の定めに従って個人情報の開示を求められた場合、または犯罪の捜査、第三者に対する権利侵害の排除若しくはその予防、その他これに準ずる必要性ある場合

  • 個人は、当社に対し、個人情報を上に定める方法で利用することにつきあらかじめ同意するものとし、異議を述べないものとします。

  • また、当社では次の様な場合、ビジネスパートナーと個人情報を共有する事があります。
    - 事業的な理由がある場合。
    (もちろんこの場合、情報を提供する前にお客様(個人)の同意を求め、同意無しでは提供致しません。)
    - 統計資料作成、市場調査、データ分析などを行う場合。
    - この場合、特定個人を判別することができない様に加工された情報だけを提供致します。

 

制定:平成18年12月1日
改訂:平成20年3月11日
株式会社バサー
代表取締役社長
小屋松 雄二

 

 バサー公式SNSサイト
バサーの公式Facebookへ バサーの公式twitterへ バサーの公式Google+へ


 メールでのお問い合わせ
 会社概要